岡村威治.com

ホーム |  お申込可能なセミナー |  音声ダウンロード |  ブログ |  ダウンロード(無料) |  リンク集 |  お問合せ   
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
●ツイッターもやってます
アマゾン
QOL(Quallity of Life)=豊かさの追求

 社名のQOLは、Quality of life の頭文字であり、QOLの向上、皆さまの『豊かな人生』の追求を、学びの機会を通してサポートしています。

 私たちは、『自己』『他者』『社会』のトライアングルの中でバランスをとって自己実現を目指し、生きています。

 ITをはじめとする技術の進歩・普及は、グローバル化をますます加速させ『社会』の形を大きく変容させるとともに、私たちのライフスタイルにも劇的な変化をもたらしています。

・『自分』の生き方・あり方
・『社会』のあり方
さらには
・『自分』と『他者』との関係性
・『自分』と『社会』との関係性など、

 前提が大きく変わっていて、私たちが豊かになるためには、
幼少期、学生時代と、私たちが学んできたこととは違う学びが必要だと感じます。

 このような『激変の時代』に、私たちが自己の独創性を発揮し、創造的に生きていくために、私たちは、学び続け、実践し続ける必要があるでしょう。

 安岡正篤氏は、幕末の志士のように創造的に生きるためには、陽明学すなわち学びと実践を同時に行う『知行合一』の精神が必要だと、説きました。

 激動の時代に、自己実現を果たし、豊かな人生を創造的に生きていくために、何を学び、いかに実践していくか、『知行合一』の精神を持って探求していきます。

イベントのご案内
気学コーチ 無料会員登録(2014/03/11)
会員制サイト 有限会社QOL内

気学コーチ 無料会員登録










メールアドレス

【半角英数字】(例)example@example.com








2013年4月7日(日)第一回経営者のための論語塾(2013/03/12)
経営者、個人事業者、事業継承予定の方、起業予定の方で、
・論語、漢籍好きな方
・論語をほとんど学んだことがないけれど、論語を学んでみたいと思っていた方、
・以前、論語を学ぼうと頑張ったが、挫折したことがある方、

論語は、独学で学べるようなものではありません。
先生に師事し、仲間と一緒に、双方向に意見交換しながら学ぶものです。

「経営者のための論語塾」では、
「経営者のための論語」という観点から、
経営者の方たちが、経営に活かせるように、論語を効果的に学べる機会をつくりました。

論語に詳しい方はもちろん、
論語なんて、ほとんど勉強したことない!という方まで、共に学びましょう!


「論語て、いつかちゃんと勉強したいと思ってたんだけど、
 ほとんどわからないけど、ついていけるかな?」

なんて、心配はご無用です。

内容に納得できない時には、理由の如何を問わず、
受講料はご返金いたします。

講義内容には、絶対の自信があります。
ちょっとでも関心がありましたら、今すぐ、お申込ください。


>>経営者のための論語塾 お申込フォーム<<



ビジネス論語スクール 基礎講座の講義風景その1


【受講対象】
・個人事業主
・経営者

【日程】
第一回 4月7日(日)
第二回 5月18日(土)
第三回 6月1日(土)
第四回 7月6日(土)
第五回 8月3日(土)
第六回 9月7日(土)

【時間】
午前9:00〜12:00(受付 8:30)

【参加費】
各回 10,000円
全6回一括お申込 60,000円

※ 事前入金でお願いいたします。
※ 参加表明くださった方には、入金先口座をメッセージさせていただきます。
※ 欠席された方には、音声と資料をお渡しいたします。
※ 内容に納得されない方は、理由のいかんを問わず、
受講料は全額返金いたします。

レアリゼ・アカデミー@アーク八木ヒルズ

【会場】
レアリゼ・アカデミー
【住所】
港区六本木1−8−7アーク八木ヒルズ9階
(六本木一丁目 徒歩2分)
レアリゼ・アカデミー地図


>>経営者のための論語塾 お申込フォーム<<



1700年の歴史を誇る「人と組織を動かす」原理原則


もしも、あなたが、

・とにかく短期間で成果を出したい
・とにかく売上げを増やしたい
・とにかく利益を増やしたい
・とにかく会社の規模を大きくしたい

ならば、
「経営者のための論語塾」は、
今、あなたが望むセミナーではないかもしれません。

もしもあなたが、経営者として、

・企業経営を通して、自分を磨いている
・企業経営を通して、よりよい社会の創造に貢献したい
・規模よりも、経営品質にこだわっている
・逆境にも潰れない強い会社にしたい
・顧客満足の高い会社にしたい
・従業員満足の高い会社にしたい
・「自分善し」「取引先善し」「社会善し」三方善の会社を作りたい
・社会から必要とされ続ける、100年(長寿)企業に育てたい

と、お考えでしたら、
「経営者のための論語塾」は、
あなたが求め、生涯学び続ける価値を提供できるでしょう。

リーダーのための「人と組織を動かす」力


「論語って、高校の漢文で習った、『子曰く』っていうアレですよね」

学校で習った知識として、多くの方が「論語」のことは知っています。

しかし、「論語」の内容については、ほとんど全ての方が、

・引退した「おじいさん」が読む書
・教養のために読む書
・机上の理想論
・道徳について書かれた教え

という誤解を、何となく持っています。

しかし、『論語』の本質は、決して、

・引退した人が、
・教養として読む
・机上の理想論としての
・道徳について書かれた書

ではありません。

『論語』の本質は、
「人と組織を動かす」リーダーたちが学び、実践してきた、
リーダーシップ&マネジメントの実践哲学です。

世界中のリーダーが学んできました。

日本においては、
天皇、皇族、貴族、武将、維新の志士・・・
1700年以上にわたり、リーダー達に連綿と学び継がれてきました。

例えば、

・全米の多くの大企業のCEOに影響を与えた経済学者 ピーター・ドラッカー
・「財界の指南役」「歴代総理の指南役」と言われた漢学者 安岡正篤
・500社の創業に関わり、「日本資本主義の父」と言われる事業家 澁澤栄一
・268年、15代続く、武家政権の基礎を築いた 徳川家康
・日本最古の憲法をつくり、日本に和の文化を根付かせた 聖徳太子

などなど。

いま列挙した偉人たち以外にも、
数えきれないほど多くのリーダーたちが、
論語を学び実践し、素晴らしい歴史を創ってきました。

今日でも、論語を愛読書にしている経営者は決して少なくありません。
中でも、

ウシオ電機 牛尾治朗氏、
SBIグループ総裁 北尾吉孝氏、
ワタミ 渡邊美樹氏

などは、論語を愛読している、創業者社長として有名です。

意識も能力も高く、甘いも酸いも噛み分けた、海千山千、経験豊富な経営者の方たちが、
なぜ、論語を愛読書にするのか?

論語を愛読する経営者の方たちから、よく聞かれるのが、
「最後は、論語に行き着く」
と、いう言葉です。

向上心が高く、向学心旺盛、勉強熱心な経営者の方たちが、
色々なものを学び、行き着いたもの、最後まで残るものが、論語である、というのです。

500社の創業に関与、日本資本主義の父 澁澤栄一翁は、
「論語は、最も欠点の少ない教訓」
と、論語を評しています。

アメリカ企業のCEOの指南役 ピーター・ドラッカーは、
澁澤栄一の「論語と算盤」の精神こそ、今日の日本経済の繁栄の源である、
と、評価しました。

政財界の指南役 安岡正篤翁は、
論語には、人生において起こる、ありとあらゆる出来事の解決のヒントがある、
と述べています。

論語には、
人間の「普遍的」な真理が書かれています。
しかも、
誰が学んでも役に立つような「汎用性」を持って書かれています。

その内容は決して古くさいものではありません。

>>経営者のための論語塾 お申込フォーム<<



論語の教え


具体的に、どんなことが書いてあるのかを知っていただければ、
決して、論語が時代遅れな教えでないことを理解していただけると思います。

そこで、ここでは、論語の教えを、ほんの少し、ご紹介いたします。

「君子の徳は風なり、小人の徳は草なり」


経営者の仕事とは、組織メンバーや取引先、お客様などを、風のように自然に感化し、目指すべきの方向に導くことです。
草1本、1本に、個別に働きかけること以上に、やるべきことがあるのです。
観点を変えると、マーケティングの本質をついた言葉でもあります。

「これを知る者は、これを好む者に如かず。
これを好む者は、これを楽しむ者に如かず」


こうやると儲かるという「ノウハウを知っている」という人は、
「これをやるのが好き」という人には到底敵わない。
「これをやるのが好き」という人は、
「これをやるのが楽しくてしかたない」という人には到底敵わない。

この教えは、小手先のノウハウでは、世の中に通用しないことを示唆しています。

同時に、
「好きなことを仕事にする」「仕事を好きになる」ことの重要性と優位性を説いている教えでもあります。

最近、しばしば、

「飯を食うを稼ぐ手段」としての、「ライス」ワーク。
「好きな仕事」としての、「ライク」ワーク。
そして、
「人生においてお金を払ってでも極めたい」、「ライフ」ワーク。

「ライス」ワークを脱して、「ライフ」ワークを目指しましょう、ということを見聞きすることがあります。

このような考え方は、仕事と人生に対する新しい考え方、捉え方のようでもありますが、
2500年前から、こういう考え方があったというのは、大きな発見であり、驚きでもあります。

「近き者説べば、遠き者来る」


「顧客満足」という言葉も、最近では当たり前の概念となりつつあります。
最近は、さらに一歩進んで「従業員満足」という言葉も生まれてきています。

お客様が満足すれば口コミも発生しやすいですし、従業員が活き活きと働いているお店や会社には、自然とお客様が集まるものです。

「君子は人の美をなし、人の悪をなさず」


美とは、強み、得意なのことです。
悪とは、弱み、あまり得意ではないことです。

この章句は、企業の指針の話でもあり、従業員の配置の指針でもあります。

論語を学び実践していた、ドラッカーはその著書の中で、
「われわれは、一人では強みだけをもつわけにはいかない。強みとともに弱みがついてくる。われわれは、そのような弱みを仕事や成果とは関係のない個人的な欠点にしてしまうよう、組織を作らなければならない。強みだけを意味あるものとするよう、組織を構築しなければならない」

と、述べています。

「己に克ちて、礼に復るを仁と為す」


己を律して、繰り返し繰り返し礼を払うことこそ仁である。

「仁」は、論語に度々出て来る、奥の深い概念のひとつです。
理想的な姿のひとつです。

ここでは、仁=理想の経営、理想のマネジメントと捉えると、

この教えは、
経営者(上司)は、自らを律して、
部下に繰り返し繰り返し礼を払ってはじめて、
部下のロイヤリティと能力を引き出すことができることを、示唆しています。

ドラッカーは、
「そもそも、自分すら効果的にマネジメントできぬ管理者に、
部下や同僚をマネジメントすることなど期待できないものだ」

山本五十六は、
「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」

「速やかならんと欲すること毋かれ。小利を見ること毋かれ」


世界一のマーケティング・コンサルタント ジェイ・エイブラハムも言っています。

「花を世話する時に、いくら水をやり光を当てたり、温度を調整してもスグに咲かすことが出来ない様に、
ビジネスもスグに花を咲かせる様なものではありません。
スグにという事よりも、最大限になる事を考えましょう」

いかがですか?
「古くて新しい」実践哲学の片鱗を感じ取っていただけたでしょうか。

ご覧の通り、
孔子の教えは、
現代でも活用できる、高度に抽象化された、普遍的で汎用性の高い、実践哲学です。

もちろん、文化など現代では通用しない、必要ない教えもありますが、その多くは、人間の真理をついた普遍的な教えです。

時代も、国も文化も超えて実践することができます。

そして、
他の教えを補完することはあっても、相反することはありません。

その意味で、論語は学んでおくべきものですし、論語を学ばない理由はないでしょう。

>>経営者のための論語塾 お申込フォーム<<



論語の学び方


ただし、論語は、「高度に抽象化された実践哲学」です。

いうなれば、ビジネスのエッセンスが超高濃度に凝縮されたフカヒレのような教えです。

ですから、そのままでは、食べられません。(笑)
いや、食べられるかもしれませんが、美味しくはありません。

もしもフカヒレをそのまま食べる人がいたとしたら、
それは、フカヒレが悪いのではありません。

かといって、フカヒレをそのまま食べた人が悪いというわけでもなく、
フカヒレの食べ方を知らずに食べてしまったことを不運と諦めるしかありません。

論語も、フカヒレと同じです。

「もどし方が重要」です。

ここで失敗してしまうと、折角の教えも台無しになってしまいます。

論語を学ぼうと一念発起し、独学で読み始め、そして挫折する方がいます。
これは、いうなれば、
フカヒレのもどし方を知らずに、フカヒレを買ってきちゃった、
みたいな状況です。

これでは、論語は難しい。面白くない。
と、感じ、挫折するのも当たり前です。

これまで論語を学んだことがあって、
論語が面白くなかった、役に立ちそうにない、と感じたことがある方、
それは
論語の「もどし方」があなたの口に合わなかっただけです。

決して、論語が悪いわけでも、
あなたの理解力や努力が足りなかったわけでもありませんので、ご安心ください。

実際、台無しの論語、というか、「経営者の口に合う論語」がないのも事実です。

その点、「政財界の指南役」安岡正篤翁は、
経営者、政治家の耳に入りやすく、使える論語の「もどし方」を熟知していたのだと思います。

残念ながら、私たちは安岡翁から、直接指導を受けることはできませんが、
優れた教えだけに、「誰から」学ぶのかが、とても重要であることに違いはありません。

目の肥えた、審美眼の厳しい経営者の方たちにも、
自信を持っておすすめできるビジネス論語の第一人者がいます。

それが、ビジネス論語スクール講師 青柳浩明氏です。

ビジネス論語講師 青柳浩明 プロフィール


青柳浩明氏は、政財界の指南役 安岡正篤翁の名を冠した、
非常に権威の高い社会人セミナー、安岡活学塾で常任講師をつとめる、
論語のスペシャリストです。

古典にうるさい、いわゆる玄人の受講生も納得する知識を備えています。

その一方で、
プロジェクトマネジメントの世界標準規格である、
プロジェクト・マネージメント・プロフェッショナルであり、
日本で最も権威のある企業表彰制度と言われる、
経営品質賞の審査員もつとめる、
経営、マネジメントのスペシャリストでもあります。

最近、論語のセミナー、論語の講師の方も増えていますが、
論語の知識は豊富だが、ビジネス経験は不十分な、学者型の講師か、
ビジネス経験は豊富だが、論語に関しては自己流な解釈が多い、我田引水的経営者型講師、
のどちらかのタイプが大半です。

青柳浩明先生は、
論語も本物、
ビジネスも本物の、
ダブルマスターの、日本でも数少ない(恐らく日本で唯一の)論語講師です。

青柳浩明氏の経歴を簡単にご紹介しますと、
大学卒業後、
大手損保系システム会社に就職、前後して易経の大家 大田観川氏に弟子入りします。

平日の昼間は、ビジネスマンとして仕事をし、
仕事が終わった夜や、休日は、大田観川師の鞄持ちとして、20年にわたり学び続けました。

その間、
論語の教えを、実践で活かし、
プロジェクトマネージャーとして、多くのプロジェクトを成功に導いてきました。
また、執行役員として、年商5億の企業を、年商40億まで成長させました。

「東洋のマネジメント」と「西洋のマネジメント」に精通し、
論語に対する、「専門的知識」と、「ビジネスにおける実戦経験」を兼ね備えた、
ビジネス論語の第一人者です。

>>経営者のための論語塾 お申込フォーム<<



青柳浩明氏をおすすめする理由


青柳浩明氏を
おすすめする理由は、主に4つあります。

第一に、40代の講師であること。
第二に、論語に精通していること。
第三に、マネジメント経験が豊富なこと。
第四に、論語を、マネジメントに活用、実践検証を繰り返してきたこと。

今日、論語の講師の方は60〜70才代以上の方たちがほとんどです。
もちろん、そういう講師のお話は、豊富な経験に裏付けられた、素晴らしいものですが、
時として、育ってきた環境の違いなどから、受け容れ難いこともあります。

それに対して、
青柳氏は、1966年丙午生まれ、今、最も脂ののっている時期です。

講義の中で引用する例話も、新鮮で、私たちにはわかりやすいものが多く、
退屈しない、わかりやすい講義をしてくれます。

次に、
青柳先生は、
論語好きな父の影響で、幼少の頃から論語に親しんで育ちました。

大学卒業後、縁あって、易経の大家で論語漢和辞典の著者として知られる大田観川氏に師事。
20年にわたり研鑽を積んできました。

論語の講師としては異例の若さですが、
40年以上、論語を学び続けていて、
論語について、広く、深く、理解され、
玄人も納得の知識を備えています。

そして、
プロジェクトマネージャー、年商40億企業の執行役員として、
国内外、大小様々なプロジェクトを、数多く成功へと導いてきた、
20年を超えるビジネス経験は、
ビジネスで実践することを前提に論語を学ぶ上で、
経験に裏付けられた多くのヒントを与えてくれます。

そして、青柳先生の最も特長的なところは、
幼少より慣れ親しんだ論語の学びを、ビジネスでことごとく実践し、
検証を積んできていることです。

論語とビジネスを、平行して行っている人は多くいると思いますが、
論語は論語、ビジネスはビジネス、という方がほとんどです。

ビジネスで実践するほど、論語を身につけるには、
やはり、幼少の頃より、論語に親しんでいる必要があるでしょう。

今日、幼少の頃より論語に親しみ、
20年にわたり、論語を本格的に学び、
かつ、
論語を、ビジネスで実践し検証をしてきた人は、
青柳先生のほかには、いないでしょう。

青柳先生は、
システムエンジニア、プロジェクトマネージャーとして、
様々なプロジェクトに携わってきました。

当然のことながら、同じようなプロジェクトばかりではありません。
業種や仕事内容、対象、資源など、目的も条件もひとつひとつ異なります。

そのような多くのプロジェクトに携わる過程で、
どんなプロジェクトでも、論語の教えが役に立つとの確信を得ています。

また、海外でのプロジェクでは、数カ国にまたがるプロジェクトも経験されています。
その経験を通して、論語には、
国や環境、時代も問わない、普遍性があるとの確信も得ています。

自らの体験を通して確信を得ている人の話は、
とてもわかりやすく、非常に説得力があります。

三菱東京UFJ銀行、NTTデータなど、
大手企業での社内研修でも高く評価され、
経営者、人事担当者向け、専門誌での連載も好評なのも、納得です。

青柳浩明先生は、
間違いなく、経験実績共に、日本一のビジネス論語の講師です。

自信を持っておすすめいたします。

>>経営者のための論語塾 お申込フォーム<<



最後に・・・


このレターを、ここまで読んでくださったということは、
あなたは、論語に少なからず関心があるのだと思います。

間違いなく、人生において、いつか論語を学ぶ日がくるでしょう。

一般ビジネスパーソン向け講座の、ビジネス論語スクール基礎講座では、
20代から60代まで、受講生がいらっしゃいます。

20代の受講生は、年上の受講生からよく、
「若いときに論語に出会えて、羨ましい」
と、声をかけられています。

何かを学ぶのに、遅過ぎるということはありません。
しかし、早いに越したことはないのも、事実です。

今のあなたは、これからの人生の中で、間違いなく、最も若いのです。

少しでも早く論語と出会い、少しでも長く論語を学ぶことは、
あなたの未来に、大きな価値をもたらすと、確信しています。

万一、内容に納得できないときには、
時間をお返しすることはできませんが、
理由によらず、受講料は全額お返しいたします。

ここまで、読んでくださったあなたは、間違いなく、論語への関心が非常に高い方です。

受講して時間を無駄にする可能性があっても、
受講を躊躇して、確実に時間を無駄にすることがないよう、
決断していただけたら、嬉しい限りです。

共に学び、実践し、
自分善し、相手善し、社会善し、「三方善し」、
物心共に豊かな、本物の成功を掴みましょう!

経営者のための論語塾にて、
あなたとお会いするのを楽しみにしています。

>>経営者のための論語塾 お申込フォーム<<


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
...続きを読む
☆イベントのご案内へ
イベント映像
過去に開催したイベント
書籍のご案内(2014/04/08)
いつもお世話になっている、
アキ ハラダさんが、ご自身の波瀾万丈の半生を振り返った、
自叙伝的ノンフィクション小説
「ケッパレ!実生ちゃん」
を出版されました。

今では、
ハワイアンウェディングは、当たり前の時代かもしれません。

あなたの周りでも、「ハワイで挙式」というご友人や身内の方が、
ひとりやふたりいたりするのではないでしょうか。


アキさんは、約40年前に、
ハワイアンウェディングブームの先駆けとなった、
バイタリティあふれる女性です。

この時代、今と違って、挙式はおろか、
海外旅行なんて、一生に一度あるかないかの時代。

そんな時代にハワイアンウェディングを企画するというのですから、
すごいことです。

いま、景気が上昇傾向にあると言われながらも、
実感が湧かず、
ついつい行動がこじんまりしてしまいがちです。

そんなとき、この本は、そっと背中を押してくれるかもしれません。

表紙も可愛い、
す〜っと、読める1冊です。

よかったら、お手元に置いて、読んでみてください。


杉浦貴之&アーサー・ホーランド チャペル・ライブ!(2008/06/24)

杉浦貴之&アーサー・ホーランド ジョイント・ライブ!

日時 : 2007年 6月24日(火)

講演者 : シンガーソングランナー 杉浦貴之
      不良牧師 アーサー・ホーランド

会場 : アイビーホール青学会館


...続きを読む
ほんまおおきに!生きててよかった講演会(2008/03/30)

タイトル : ほんまおおきに!生きててよかった講演会
日時 : 2008年 3月

講演者 : 杉野幸三氏 & シンガーソングランナー杉浦貴之氏

会場 : アイビーホール青学会館 


...続きを読む
2007年12月 『これ聞いて元気にならん奴おらんやろ!セミナー』(2007/12/22)

2007年12月
『これ聞いて元気にならん奴おらんやろ!セミナー』
講師: てっぺん 大嶋啓介氏/下川式成功手帳 下川浩二氏/ナニワのメンター 吉井雅之氏
主催: (有)シンプルタスク
協力: (有)QOL

...続きを読む
不良牧師アーサー・ホーランド ライフワーク・カフェ(2007/10/30)

2007年 10月
不良牧師 アーサー・ホーランド 「ライフワーク カフェ」

ゲスト : 映画監督 山田火砂子さん
会場 : 自由学園明日館



...続きを読む
第五回 もっと日本を学ぼう会(2007/10/10)

第五回もっと日本を学ぼう会

現代の黒船〜地球維新の可能性


2008年 10月9日

講師 :  木戸寛孝氏
会場 : ホテルサンルート高田馬場 大会議室



...続きを読む
第四回 もっと日本を学ぼう会(2007/09/08)

第四回もっと日本を学ぼう会

究極のエコタウン「江戸」に学ぶ環境問題


2008年 9月8日

講師 : 大学講師 作家 竹田恒泰氏
会場 : ホテルサンルート高田馬場 大会議室



...続きを読む
第三回 もっと日本を学ぼう会(2007/07/04)

第三回もっと日本を学ぼう会

明治維新に学ぶ日本人の生き様


2007年 7月4日

講師 : 日本史講師 著述業 竹内睦泰氏
会場 : ホテルサンルート高田馬場 大会議室



...続きを読む
第二回 もっと日本を学ぼう会(2007/06/18)

第二回もっと日本を学ぼう会

建国記念日の由来について


2007年 6月18日

講師 : 木戸寛孝氏
会場 : ホテルサンルート高田馬場 大会議室




...続きを読む
第一回 もっと日本を学ぼう会(2007/05/19)

第一回 もっと日本を学ぼう会

英国大蔵省からみた日本


日時 : 2007年5月19日 
講師 : 衆議院議員 木原誠二氏
会場 : ホテルサンルート高田馬場 大会議室



...続きを読む
チャペル・ライブ 不良牧師アーサー・ホーランド&木村聡子...(2006/10/30)

2006年 
不良牧師アーサー・ホーランド 「チャペル・ライブ」
ゲスト : 木村聡子さん

会場 : アイビーホール青学会館

...続きを読む
あららがまライブ 〜 SC-one&長間たかを ジョイント...(2006/07/30)

2006年 あららがまライブ

出演 : 長間たかを
     SC-one  ユン・ハンシン


会場 : アイビーホール青学会館


...続きを読む
やいまでチャンプルー SC-one & 長間たかを ジョイン...(2006/07/10)
やいまでチャンプルー
2006年7月
沖縄料理や「やいま」@神田で行ったライブ

SC-one ユン・ハンシンさんと
長間たかをさんのジョイントライブ。

美味しい沖縄料理と、ふたりの演奏の素敵なコラボで、
とっても楽しい時間でした!

...続きを読む
子供と楽しむコンサート(2006/06/30)

子供と楽しむコンサート
2006年 6月

ソプラノ 杉本明子さん
ピアノ  佐藤尚子さん

アイビーホール青学会館


...続きを読む
不良牧師アーサー・ホーランド 「チャペル・ライブ」(2006/05/24)

2006年5月
不良牧師アーサー・ホーランド 「チャペル・ライブ」
@アイビーホール青学会館 チャペル
 
...続きを読む
☆講義録へ

169-0051 東京都新宿区西早稲田 有限会社QOL
Copyright(C) QOL Co.,Ltd. All Rights Reserved